コスプレ

1: yomiφ ★ 2014/09/20(土) 23:36:59.62 ID:???.net


1


 女子高生がコスプレ衣装に変身しているイラスト、「コスプレにやさしい街 八柱」の文字――。
コスプレイヤーを街に歓迎するポスターを、八柱駅前中央商店会(千葉県松戸市)が作成して話題になっている。


 ポスターには「週末の私は、変身する――」のキャッチコピーと一緒に、制服を着た女の子と、
とがった耳に剣を構えたファンタジックな衣装の女の子が描かれている。2人は同一人物で、
休日に八柱でコスプレを楽しむ女子高生を表現した。制服は、地元の市立松戸高校のものを
許可をとった上でモデルにしたという。デザインしたのは、市の防犯ポスターでも
萌えキャラを描いて好評だった、イラストレーター・七六さん。

 コスプレイヤー歓迎を銘打つ理由は、付近の「21世紀の森と広場」でコスプレを中心とした
ポップカルチャー系のイベントが多く開催され、参加者がよく八柱駅を利用するようになったからだという。
街をPRするため、昨年11月にはコスプレイヤー向けの撮影スタジオ「えざき舎」もオープン。
今では予約も埋まるようになったそうだ。

 「コスプレにやさしい街」づくりには市も全面的に協力している。ポスターは300枚作成され、
新京成電鉄の新京成線各駅やJR東日本の武蔵野線新八柱駅などに掲示される予定だ。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1409/19/news113.html

【【千葉】「コスプレにやさしい街」PRポスターを松戸市八柱の商店会が制作】の続きを読む

引用元:【悲報】 AKBがラブライブのコスプレをしてライブ → 批判殺到し炎上wwwwwwwwwwwww
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407681631/

23956a31a06ad1a2cd301a329d4e85b7

1: アンクルホールド(イラク)@\(^o^)/ 2014/08/10(日) 23:40:31.93 ID:VYEHNbhP0●.net BE:131732358-2BP(11000)

古川愛李

そして夏フェス
First Live!~SKE48二次元同好会の時間だよ~
では、二次元同好会メンバー今回は6人で
アニメ「ラブライブ」のコスプレをして、
ラブライブの挿入歌を2曲踊らせていただきました!

ありがとうございました!

私は大好きな

小泉花陽ちゃんのコスプレ♪

また全員での写真は後ほど。。

あぁー♪楽しかった♪

またどこかでできたらいいなぁー
栄の劇場でやらせてもらえない、、、かな、、、
なんて( ´∀`)ニヤニヤ
http://plus.google.com/111050677534976069347/posts/MKNrmYTGALk


【【悲報】 AKBがラブライブのコスプレをしてライブ → もちろん炎上】の続きを読む

1: かじりむし ★ 2014/06/28(土) 20:33:52.31 ID:???.net
シベリアでコスプレ大会 日本アニメの演技競う
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062801001824.html
共同通信 2014/06/28 20:15:23


 【ノボシビルスク共同】ロシア西シベリアの中心都市ノボシビルスクで2
8日、シベリア初の本格的なコスプレ大会「Hanabi Fest」が開
かれ、ネット上の動画などで日本のアニメキャラクターを知った若者ら約2
0人が集まり、中心部の広場でキャラクターになりきったパフォーマンスを
見せた。

 首都モスクワではすでに在ロシア日本大使館主催の大会などが定期的に開
かれ、日本のコスプレ文化が定着している。

 今大会はシベリアの大学などで日本語を教えるロシア人講師らが、受講生
が寄せる日本への関心が伝統文化からアニメや音楽などポップカルチャーに
移っていることに気づき発案した。


1

写真:コスプレ大会を前に、ポーズをとる参加者=28日、ロシア・ノボシビ
ルスク(共同)


【【国際】シベリアでコスプレ大会 日本アニメの演技競う [6/28]】の続きを読む

2


1: オムコシ ★ 2014/06/09(月) 14:25:38.55 ID:???.net


朝日新聞デジタル 6月9日 2時46分

 アニメなどのキャラクターに扮するコスプレーヤーが撮影スポットとして集まる公園や施設で、苦情を受けるケースがある。人目につくところで着替えたり、持っている「武器」が誤解を受けたり。
各施設は一般利用者との「共存」をめざし、対策に乗り出した。

 花博記念公園鶴見緑地(大阪市)では5月下旬、コスプレーヤー向け講習会が初めて開かれた。
講師は、サブカルチャーと地域の連携に取り組む宝塚大造形芸術学部の神澤孝宣(たかのぶ)助教(34)。
10~20代の女性ら約40人に、花や木を傷つけないなどの公園利用のマナーや、肌の露出が多い衣装は盗撮の恐れがあることなどを約30分間説明した。

 公園事務所によると、コスプレーヤーが園内に現れたのは4年ほど前。
最近は土日で100人を超える人気ぶりで、インターネット上では「コスプレの聖地」と呼ばれているという。

 奈良県から来たコスプレ歴10年の女性(25)は「自然が多いし、花博の名残で世界各地の建物が残っているのも面白い。中東やアジアなど雰囲気に合わせて衣装を変えていろんな写真を撮れる」と話す。

 一方で、事務所や鶴見区役所には毎月のように「着替えやメークのためにトイレやベンチを占拠している」
「自分も花を撮りたいのにコスプレーヤーが長く居続けている」などと、一般の利用者から苦情が寄せられるようになった。

 公園事務所と区、大阪観光局は4月、「鶴見緑地ポップカルチャー実行委員会」を結成。講習会を開くことを決めた。
事務所の担当者は「コスプレが新たな日本文化だということは分かる。文化を定着させるためにも、マナーを守ってほしい」と話す。


http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/morals/?id=6119203


【【社会】コスプレ、マナーも身に付けて 「聖地」で講習会も】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング